週刊ベースボールONLINE

2019新外国人診断

新外国人をデータで徹底解析。誰がホントにすごいのか!?【リリーフ投手編】

 

各チームの成績に大きな影響を及ぼかもしれない新助っ人たち。連載『野球の謎!?』でもおなじみの神事努氏が、昨季のMLBデータをもとに投手中心の11選手をピックアップ。新外国人たちはどんなプレーを見せてくれるのか、そして、誰が本当に高い期待値を秘めているのかを解き明かす。
写真=BBM、Getty Images ※情報は2月10日時点
(→先発投手編)(→巨人 C.ビヤヌエバ編)

巨人・R.クック ゴロの山を築く抑え候補

球速&動くボールを備えるリリーフ候補


 リリーフ候補で注目は巨人のクック投手です。約152キロのツーシームとフォーシームでゴロを量産しながら、高速カーブのようなスライダーはゴロだけでなく空振りも奪うことができるでしょう。昨季の打球データを見ても三振+内野フライの完全アウトが36%、ゴロが32%で、安打や長打のリスクが増す外野フライ+ライナーはわずか・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング