週刊ベースボールONLINE

日本ハム新時代の旗手

日本ハム・野村佑希×万波中正 スペシャルクロストーク 2人のスラッガーが描く未来予想図

 

対談パート2は高校野球ファンにはたまらない、日本ハム期待のドラ2&ドラ4が登場だ。良き仲間であり、ライバルでもある18歳の才能が描く現在地と、見据える未来とは──。甲子園を沸かせた2人のスラッガーが飾らない胸の内を語り合った。
取材・構成=松井進作 写真=毛受亮介、BBM

温和でマイペースな野村佑希[左]とカメラマンに“ジョジョ立ち”を披露する万波中正。個性派集団の日本ハムにまた新たなキャラクターが加わった


初めての出会いは高校2年の関東大会


――メーンカットの万波選手のポージングは……何かの決めポーズなんでしょうか?

万波 えっ、もう見たまんまの「ジョジョ立ち」ですよ(笑)。ジェームス(野村のミドルネームであり愛称)がマジメだから、ちょっと個性が出たほうがいいかなと。

野村 個性出過ぎ(笑)。ジョジョ立ち(『ジョジョの奇妙な冒険』)がどこまで一般的かも分からないし、それに今日は週刊ベースボールの取材だからね。分かってる?

万波 もちろん分かっているよ。遊び心というか、ジェームスのことも和ませてあげようと思ってね。

野村 別に和まないから。本当にプライベートのときと変わらないよね。ある意味、これだけ裏表がない人も珍しいけど。

――2人はプロに入る前から面識はあったのですか。

万波 あったよね、高校2年春の関東大会だっけ?

野村 初めて話したのはあのときかな。あと、ウチら結構な数の・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング