週刊ベースボールONLINE

新生ジャイアンツ特集

槙原寛己が解説!! キャンプ終了!巨人・最新戦力分析【投手編】カギを握るのはR.クック。後ろがハマれば中は強固

 

2月28日にキャンプを打ち上げ、3月2日の東京ドームでのオープン戦(ヤクルト戦)を皮切りに、29日の開幕(対広島@マツダ広島)に向けて各地を転戦する。ここでは現状の戦力を巨人OBの槙原寛己氏が解説。理想のラインアップも予想した。
解説=槙原寛己[元巨人、野球解説者] ※情報・成績はキャンプ終了時

菅野智之を中心に先発の頭数は十二分にそろう


先発は質量ともに充実


 外国人枠の兼ね合いで大きく変わってくる部分もありますが、おそらく、外国人は投手に外国人枠「3」を割いてスタートするのではないでしょうか。

 昨季まで2年連続の沢村賞を獲得した菅野智之と、終盤戦は抑えを任されたりもしましたが、今季は先発に専念する山口俊が2枚看板です。調整の進み具合は順調そのもの。2人とも体をしっかり作ってきたなと感じました。菅野は2月23日のオープン戦(※2回を2安打2失点)で満足のいく投球ができなかったですが、彼クラスならこの時期の失敗はすぐに対応策を見つけ、次は修正してくるでしょう。山口もしっかりと球数を投げ込み、相変わらずのタフさを感じます。昨季、菅野が10完投8完封、山口は6完投2完封。この辺りの数字も山口はもっと伸ばしてくるように予想します。

 T.ヤングマンC.C.メルセデスも外せません。ヤングマンは昨季3勝のみですが、骨折離脱がなければもっと勝ち星は伸びたはずです。コントロールが良く、キャンプのブルペンでも低めによく集めていました。メルセデスも・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング