週刊ベースボールONLINE

12球団最新戦力分析

中日・先発陣の離脱多発で大ピンチ/2019戦力分析&順位予想

 

3月29日の2019年シーズン開幕に向け、今後はオープン戦が本格化していくが、果たして、現時点で優勝候補の筆頭格はどのチームになるのか。順位予想や各チームの戦力分析も交えて、シーズンの行方を占っていこう。
※情報は2月20日時点

田島慎二の出来次第で、中継ぎ陣の配置が変化する


すべては投手陣次第


 投手陣、とりわけ先発陣の離脱が止まらない。昨年9月、小笠原慎之介が左ヒジ遊離軟骨除去手術を受けたことに始まり、11月には鈴木翔太が右手血行障害の手術。さらに藤嶋健人も血行障害を抱えて手術に踏み切った。そのうえで松坂大輔までもが右肩炎症と診断された。4人が万全の状態で開幕を迎えられる可能性は極めて低い。

 オフに昨季13勝を挙げたガルシア阪神へ流出したことも大きな痛手で、前述の4人と合わせれば、昨年からマイナス27勝である。昨季勝ち星ゼロの大野雄大の復調、新加入のロメロが1年を通してローテーションを守ることは必須条件。先発に転向する又吉克樹福谷浩司が機能し、昨季6勝の笠原祥太郎の上積み、柳裕也のローテ定着、吉見一起山井大介らベテラン勢がコンスタントに働かなければ、Aクラスは見えてこない。

 加えてリリーフ陣も計算が立たない状況だ。クローザーは田島慎二が第1候補だが、キャンプ中の実戦で低調なパフォーマンスに終始。ほかに・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング