週刊ベースボールONLINE

2019阪神タイガース特集

藤浪、大山、北條の1994年組 虎の“黄金世代”や!

 

若虎の中に一大勢力がある。藤浪晋太郎を中心に10人がそろう今年25歳の1994年組だ。今年、新たに3人の94年生まれのルーキーが加入し、いずれも即戦力の評価を得ている。彼らがレギュラー、そして主軸となり14年ぶりのリーグ優勝を奪いにいく。

■藤浪晋太郎投手 エース復権へ燃える

同世代の活躍を力に変えて、藤浪は復活を期す


 あいさつする程度だった関係でも、同じ歳というのは、それを知るだけで不思議と距離感が縮まり、あっという間に仲良くなれるものだ。集うだけで、なんだかパワーが増す気がする。高卒、大卒、社会人と入団までの道のりは十人十色だが、阪神には1994年生まれの同級生が多い。それも、エース、四番、ショートストッパーとチームの“幹”になれる男たちがそろっている。

 沖縄・宜野座キャンプでブルペンの主役といえば、94年生まれの1人、藤浪晋太郎だ。午前、午後の“おかわりブルペン”は当たり前で、計200球を超えることはざらだ。1日300球近く投げる日もあった。昨季は5勝(3敗)に終わり、復活を期する2019年だが、同期ならではのモチベーションもある。

「北條(北條史也)は中学時代から知っていますし、同じ大阪出身ですしね。94年生まれで阪神に最初からいる2人。ほかの選手と・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング