週刊ベースボールONLINE

イチロー、COME BACK!

オリックス時代の盟友・田口壮の視点 天才が天才と呼ばれる理由 「今年、彼は“革命”を起こしますよ」

 

オリックス入団は同じ1992年で、天才打者が海を渡る2000年までともにプレー。そんな田口壮が見る天才打者は──。天才と呼ばれるワケは、人と異なる発想と感覚、さらには洞察力にあるという。

同期入団の田口[右]とイチロー[左]。技術の話を交わしたことは少ないというが、間近でその“すごみ”を体感してきた


 バッティングって何なんだろうね――。ふと彼に問いかけたのは、彼も僕もまだ若かったオリックス入団間もないころ。返ってきた答えは「7割は失敗なんですから、そんなに考えることはないんじゃないですか」だったんです。

 僕はいかにヒットを打つかということばかりを考えていた。3割のほうが頭にあったんです。それどころか全打席でヒットを打とうと、10割を目指していました。でも、彼は失敗に目を向けていたんですよね。失敗の率を減らせば、自ずと成功の率は上がる。僕とは発想が真逆でした。

 発想は真逆でも目的は同じ。だから準備は怠らない。練習は誰よりも早くグラウンドに姿を現していたし、今も体のケアを欠かしていませんでした。今年46歳を迎えますが、現役で新シーズンを迎えようとしているのは、その賜物でしょう。

 それどころか・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

特集記事

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング