週刊ベースボールONLINE

2019阪神タイガース特集

ダンカン×松村邦洋 熱烈猛虎党爆笑トーク 「優勝を夢見ないで応援してどうするっていう話でしょ!!」

 

矢野新監督の下、心機一転、最下位からの巻き返しを期すタイガース。だが、猛虎党が夢見るのは、「最下位からの巻き返し」などというみみっちいものではない。ファンを代表して、阪神をこよなく愛するダンカン、松村邦洋の両氏に、今季の阪神への期待を込めつつ、思う存分語り合っていただいた爆笑トークをお届けする。(選手敬称略)
取材・構成=藤本泰祐 写真=矢野寿明(インタビュー)、BBM


先発もリリーフも、ピッチャーはいいぞ


――今季の阪神は、矢野燿大新監督の下、最下位からの巻き返しとなりますが。

ダンカン 最下位っていうのは、順位をつけなきゃいけないからつけたようなもんでね。広島は確かに強かったけど、そんなに差はないんですよ。藤浪(藤浪晋太郎)が14、15勝してれば、そのプラスマイナスでひっくり返るぐらいの差ですから。藤浪一人のせいですよ(笑)。

松村 なんでこんなに苦しむのかなと思いますけどね。

ダンカン もう燃えるものがなくなっちゃったんでしょう。本人は気づいてないけど。高校で日本一になって、プロに入っても最初トン、トン、トンと勝ててね。だからね、一年間、旅に出したほうがいいですよ。アメリカに行って、「大谷(大谷翔平=エンゼルス)カッコいいな」と思ったり、試合後の飲み屋に行って、「ファンって、一銭にもならないのに、野球のことで本気でケンカしてるんだな」とか、世の中のいろんなものを見たほうがいい。今、捕手のミットしか見えてないんじゃないですか。

松村 今、大学出て3年目と同じ年だから、そんな余裕ないですよ(笑)。この間、鳴尾浜に行ったときに、平田勝男二軍監督と、川藤幸三さんと話していたら、横で藤浪がキャッチボールしてて。ボールがだんだん近づいてきて、2球ぐらい肩の近くに来たんですよ。それでちょっとずれたら、平田さんが「こういうのは見てないようで見てるんだから、マッちゃん、動いちゃだめだよ」って(笑)。

ダンカン もし、動いたほうに青柳(青柳晃洋)でもいたら、どっちみち当たるぞ(笑)。

松村 藤浪には「ぶつけてもいいや」と目をつむって投げるぐらいの気持ちで行ってほしいですね。ホントにぶつかるかもしれませんけど(笑)。気持ちだと思うんですよね。僕だって、隣の和田アキ子さんから「なんか面白いこと言え」って言ってきたらイップスになりますけどね。

ダンカン でももう25歳だったら・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング