週刊ベースボールONLINE

2019カープ新時代

広島・長野久義 チームにもたらされた「長野効果」 ファンを前向きにさせ、チームに明るさをもたらす

 

2019年型カープの、昨年と比べての最大の変化は、やはり丸佳浩が去り、長野久義が入団したことだろう。このことにより、チームには当然、新たな化学変化が起きることになった。新しい「鯉の顔」によってもたらされた効果とは?

春の陽光を浴び、笑顔を見せる。長野が振りまく陽性のオーラで、チームのキャンプ、オープン戦の風景にも明るさがもたらされた/写真=前島進


 マツダ広島で行われた巨人との今年最初のオープン戦には、平日デーゲームにも関わらず2万人を超えるファンが詰め掛けた。鯉党が感謝と歓迎の大声援を送ったのは、うっすらとヒゲをたくわえた背番号5のベテラン。広島の傷は突然現れたスターに癒(い)やされ、王者は再び活気と自信を取り戻している。

 昨年末から球界の関心事だった丸佳浩の巨人FA移籍に伴う人的補償の選択。答えが長野久義でなければ、精神的支柱だった新井貴浩が引退し、中心打者をライバルに引き抜かれたカープとそのファンが、これほどすぐに前を向くことはできなかっただろう。

「3連覇している強い広島カープに選んでいただけたことは選手冥利に尽きます」

 長野が発したコメントに・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング