週刊ベースボールONLINE

CLOSE-UP 鯉の未来を担う男

広島・小園海斗 周囲を驚かせ続けたルーキーの洋々たる前途 「球界を代表するショートに」。どんな世代の名手も、いつか超えてゆく――。

 

今季のカープを語るうえで忘れてはならない選手がチームの将来を担う逸材・小園海斗内野手だ。キャンプインからここまで、常に周囲の予想を超えてきた、その足跡は鮮やかだ。
写真=前島進、小山真司

打撃ではまだ、とらえられるときとそうでないときのバラつきが大きいものの、俊足という武器もあり、オープン戦で残している数字は高卒新人とは思えないものだ


 この男の未来は、どこまで広がっていくのだろうか。

 少なくとも宮崎・日南キャンプがスタートした当初の小園海斗は、一軍にいても「育成コースの一環」という意味合いが強かった。カープには同じ遊撃のポジションに絶対的な存在である田中広輔がいるからだ。田中広が故障で離脱しない限り、代役への抜てきはまずない。しかも小園は高卒1年目。一軍の空気を吸わせた上で、二軍のレギュラーとして経験を積ませる。それが首脳陣の描いた育成プランだったはずだ。

 スタートは初々しかった。キャンプ初日。ドラフト1位ということで、円陣の声出し役に指名された。何度もやってきた自己紹介。慣れた感じで「報徳学園から来ました……」とやり、ペコリと頭を下げた。ところが、上本崇司から「大きい声で言え」とダメ出しされた。もう一度言い直そうとしたら、その上本に・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング