週刊ベースボールONLINE

2019カープ新時代

達川光男氏に聞く。これが2019型カープのベストオーダーだ

 

不動の三番打者だった丸佳浩巨人に移籍した今季、カープのオーダーは新たな編成を迫られることになった。そこでここでは、チームの頭脳として黄金時代を支え、監督も経験したOBの達川光男氏に、予想一軍メンバーと、お勧めのオーダー編成を聞くとともに、キャンプ、オープン戦での主力野手の仕上がり具合をチェックしてもらった。
取材・構成=藤本泰祐

達川氏のお勧めは流動的なオーダー編成。小園のポジションも悩みどころだ。さて、緒方孝市監督の決断は?


悩みは小園の守備位置。お勧めは會澤の七番


 レギュラー確定は、キャッチャーの會澤(會澤翼)、セカンドの菊池(菊池涼介)、ショートの田中(田中広輔)、ライトの誠也(鈴木誠也)といったところでしょう。あと、サードがまあ安部(安部友裕)か堂林(堂林翔太)。この2人はファーストにも回せる。

 残るファースト、レフト、センターはひとまとめにして考えないといけないね。松山(松山竜平)がどこを守るかで変わってくる。松山をレフトにすると、外国人のバティスタかメヒアがファーストで、センターが長野(長野久義)と野間(野間峻祥)の争いという感じになる。松山をファーストにしたら、表(下記参照)でレフトとセンターにした中から2人入るので、西川(西川龍馬)や、キャッチャーを兼ねる坂倉(坂倉将吾)も入ってくる。私が監督だったら、ファーストの守備を重視したいので、松山はレフト固定もいいかなと思うけどね。

 おそらく、一軍は投手13人で野手16人だから、あとはキャッチャーで石原(石原慶幸)、代走・守備固めで上本(崇司)と曽根(海成)かな。

 問題は・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング