週刊ベースボールONLINE

2019カープ新時代

大野豊氏に聞く。これが2019型カープの投手スタッフだ!奮起が必要な投手陣“先行逃げ切り”を増やして

 

野手編(関連記事→「達川光男氏に聞く。これが2019型カープのベストオーダーだ」)同様、投手陣の今季を占っていこう。1980年代から続いた『カープ投手王国』の一角を担い、コーチ、野球解説者としてもカープを見続けてきたOBの大野豊氏に、予想一軍スタッフと、主な投手の仕上がり具合をチェックしてもらった。
取材・構成=菅原梨恵 ※取材日は3月5日

昨季に続き、苦しんでいる様子の薮田。復活してくれれば戦力として厚みが増すのだが……


コマはそろっている先発陣は完投する力も


 リーグ優勝を続ける中で、昨季のチーム防御率4点台(4.12)はいただけないですね。頑張ってはいますが、振り返ってみるとかなり打線に助けられている。4連覇に向けては投手陣のさらなる奮起、「投手陣で勝つ!」という試合を増やしていかなければいけないでしょう。

 投手陣がしっかり投げて抑えられれば勝てる試合も必ず増えます。計算が立ちますよね。逆転勝ちが非常に多いことはカープの大きな強みなんですが、先制して投手陣が投げ切って勝つというような“先行逃げ切り”のパターンも増えるといいなと思います。

 先発陣の中心は、大瀬良大地クリス・ジョンソンの2枚看板。岡田明丈はロングリリーフの可能性もありますが、現状は先発でしょうね。そして・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング