週刊ベースボールONLINE

2019挑む男たちスペシャルインタビュー

ソフトバンク・千賀滉大インタビュー すべての数字で“自分超え” 「新しいものを手に入れるための貪欲さは持っておきたい」

 

今週号では、2019年に“挑む男たち”をピックアップしていく。まずは、日本一球団で2年連続の開幕投手を託された右腕が登場。来るシーズンに向け、掲げる強い思いとは――。
取材・構成=菅原梨恵 写真=湯浅芳昭、BBM


自分の可能性を信じて


――開幕まであと少しです。

千賀 微調整の段階を終え、準備は万端です!

――2年連続で開幕投手に指名されました(3月29日の西武戦=ヤフオクドーム)。昨年は「やりたくない」というような後ろ向きな気持ちもあったそうですが。

千賀 去年と今年ではまったく違う心境で、オフから過ごしてきました。「チームの中心となってやっていくんだ」という自覚を持ってやっています。

――心境に変化が生まれたのはどうしてですか。

千賀 チームは去年、和田(和田毅)さんがケガでなかなか帰ってこられなかったり、昨シーズン限りで攝津(攝津正)さんが引退したりということがありました。また僕個人としては、オフにダルビッシュ(ダルビッシュ有、カブス)さんと一緒に過ごして刺激を受けた。あらためて、こういう選手になりたいと思うようになりました。そして、チームの中心になってやるために必要なことはまだまだあるなと気づかされました。

――開幕投手に指名された際に、工藤公康監督から「今年はお前に託す」という言葉があったそうですね。

千賀 去年もそういうふうに言ってもらったのにもかかわらず監督の期待に応えられなくて、悔しい思いをしました。今年は「何としてでもその期待に応えられるように」と思っています。

――首脳陣だけでなくファンも含めて、千賀投手に対する期待は年々大きくなっています。

千賀 そろそろ期待に応えたいですね(苦笑)。そういう意味でも今シーズンはすごく楽しみです。

――『期待』というのは、具体的にどのようなものだと感じていますか。

千賀 野球の成績としても、もっともっと上を目指していかなければいけないなと思います。また・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング