週刊ベースボールONLINE

The GOAL 菅野智之が求める究極の姿

菅野智之コラム「勝利は自分の力で引き寄せられるものだと確信しました。昨年の反省を生かせれば『20』勝てると思います」

 

日本の、そしてジャイアンツのエースが2018年に隔週で連載したプレーヤーズコラムの、第2シーズンが今号よりスタート。2018年は2年連続の沢村賞を選考項目オールクリアで受賞し、投手3冠にも輝くなど、進化を止めない右腕の思考を、マニアックにコラムにして綴ります。初回は拡大版で、テーマは本誌特集に連動させて『2019年に挑む』。背番号を18に変更して迎える新シーズンへの想いとは――。
写真=小山真司、毛受亮介、高塩隆、BBM

開幕まで約2週間となった3月14日のソフトバンクとのオープン戦[ヤフオクドーム]では先発して6回を2安打[ともに当たりそこないの不運な内野安打]6奪三振と完ぺきな仕上がりを披露した


ギャップを埋めて大切な開幕へ――


 読売ジャイアンツ菅野智之です。昨年に引き続き、この週刊ベースボールの誌面をお借りして、月に1度、コラムの連載を担当することになりました。再びの説明となりますが、タイトルの『TheGOAL』は、僕にとって野球が唯一、未来(つまり、ゴール)が分からないものであり、だからこそ飽くことなく、日々、究極を目指して打ち込めるもの、という意味を込めてつけました。

 2018年は連載をする中で、では僕にとっての“GOAL”とは何か、『究極の姿』とは何かを考えてきました。結論から言えば、“GOAL”は、自分の近いところにあるものですが、日々成長し前に進むことで、“GOAL”も前に前に進んでいくため、その距離は少しずつしか縮まりません。つまり、“GOAL”というのは自分にとっての目標やターゲットであって、それをクリアした時点で書き換えられていくものです。現役選手である以上、ゴールテープはなかなか切れないものなのかもしれませんが、それは望むところ。僕も一歩も引かず、19年も“GOAL”を追い求めて野球に集中していきます。

 さて、今回のテーマは『2019年に挑む』としました。開幕までカウントダウンが始まっているこの時期ですから、スポーツニュースなどでも話題は自然と3月29日の開幕戦、そして19年のペナントレースが中心となっています。まずは開幕まで残り10日となった時点の、僕の状態から書いていきましょう。

 例年どおり、このオフは12月の中旬から1月の下旬までの1カ月間、ハワイで自主トレを行いました。その直前には11月に扁桃(へんとう)の除去手術を行ったことで、約2週間の完全休養があったのですが、これが良かった。いや、術後の状態自体は想像していた以上にキツく、これはとても堪こたえましたが、体を激しく動かすことを禁止されていたので、本当に何もしない2週間を過ごしました。こんなことは本格的に野球を始めてから、アマ時代を通じても初めて。昨年は202イニングを投げて、かつそれまでに蓄積された疲労もあったはずですが、この2週間で完全にその疲労が抜けて、フレッシュな状態でハワイへと向かうことができたのです。この間、食べちゃいけない、お酒も飲んじゃいけないという日々でしたので、ウエートのコントロール(最初は5キロ痩せました……)も問題なし。そんな体の状態ですから、ハワイでも順調にトレーニングを消化し、例年に比較すると3倍くらい、過去最高と言っていいくらいの仕上がり、状態でキャンプを迎えました。

 しかし、キャンプを1カ月過ごし、実戦登板を重ねていくと・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング