週刊ベースボールONLINE

2019シーズン大展望

2019全新助っ人実力診断 楽天・ブラッシュに四番の、巨人・クックに守護神の期待

 

今季、新たに日本にやってきた新助っ人は、12球団で20人に上る(ソフトバンクDeNAは新外国人なし)。「助っ人」である以上、どの選手もチームの主力に、という期待を帯びての来日のはずだが、オープン戦ではちらほらと「期待外れ?」の声も……。どの選手が使えそうで、どの選手が厳しい状況にあるのか。総ざらいしてみた。
※記録ほかは3月15日現在

日本ハム王柏融 開幕すれば打つ!台湾の至宝


パの野手は全員がクリーンアップ候補


 西武で先発として期待されているのがニール。動くボール主体で、ストライクゾーンで勝負しゴロを打たせる右腕だ。チェンジアップ、シンカーの制球もいい。3月12日オリックス戦(姫路)でオープン戦初登板初先発。4回1失点、12アウトのうち8個が内野ゴロと持ち味を見せた。

 3人の新外国人が浮沈を握るのが日本ハム。バーベイトはメジャーでは主に救援だったが、先発として期待される。150キロ台のストレートに、カーブやスプリットなど変化球も多彩。3月9日の阪神とのオープン戦(甲子園)では立ち上がりは苦しんだが、随所で能力の高さを披露。先発のキーマンになりそうだ。キャンプから評価を上げ続けているのがハンコック。193センチの長身右腕で、最速158キロのストレートは威力十分。決め球にもなるスライダーも一級品だ。セットアッパーを担う可能性も十分、勝利の方程式の一角として期待は高い。台湾の至宝・王柏融は、2016、17年に打率4割をマークしており、天性の打撃センスを指揮官も絶賛。オープン戦では・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング