週刊ベースボールONLINE

2019シーズン大展望

まさかのケガで離脱 あの主力が開幕に間に合わない!

 

ファンも首脳陣もやってくれるはずと確信していた主力選手たち。しかし、その中でケガをしてしまい、開幕に間に合わない選手も出てきた。チームのダメージは大きいはず。ここではケガで離脱してしまった選手と復帰のメドを見ていく。
写真=BBM

楽天・則本昂大 開幕内定も右ヒジ手術全治4カ月


則本昂大投手/チーム的ダメージ 大


[故障内容] 右ヒジ損傷
[復帰メド] シーズン中

 開幕投手に内定していた右腕の離脱は、チームにとって大打撃となった。3月11日、都内の病院で右ヒジ関節鏡視下クリーニング手術を受けた。石井一久GMは「ヒジの部分に慢性的な損傷があった。チームにとっては痛いが、本人にとってはメンテナンス的な意味合いがある手術」と説明。エースの今後を考えての決断だったようだ。

 則本昂は先発を予定していた2月23日の巨人戦とのオープン戦(那覇)を首の寝違えにより回避した。別メニュー調整を続ける中、精密検査を受けて今回の故障が発覚した。「ここで(手術を)やっておいたほうがいいんじゃないかという判断になった」と石井GM。突発的かつ深刻な故障でなかったことが不幸中の幸いだ。

 全治4カ月で前半戦での復帰は絶望的となった。開幕投手内定からまさかの暗転となってしまったが・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング