週刊ベースボールONLINE

ベイスターズ特集

DeNA・楠本泰史 飛び出した新星!オープン戦首位打者!!

 

前年Bクラスに終わった悔しさから、捲土重来を期すベイスターズ。ここではAクラス、そしてリーグ制覇への原動力となる戦力を紹介する。

楠本泰史外野手/2018年成績:56試合、15安打0本塁打2打点2盗塁、打率.205


あるぞ!開幕スタメン


 オープン戦最終日程となった3月24日の西武戦(メットライフ)に「一番・中堅」でスタメン起用された楠本泰史は5回、6回に右二塁打、右前打と2安打を放ち、4打数2安打で打率.388。最終戦で規定打席に乗せ、オープン戦首位打者に輝いた。東北福祉大からドラフト8位で入団した昨季は開幕一軍入りを果たすも、途中出場や代打での出場をメーンに、一軍出場は56試合にとどまった。

 今オフはフィジカルを鍛え直しパワーアップ。オープン戦では阪神守屋功輝日本ハム上沢直之から右翼スタンドに叩き込み、侍ジャパン大学代表で四番を打った長打力も発揮する。「取り組んできたことがいい形で出せた」という背番号「37」。開幕スタメンの可能性は十分にある。

打撃だけでもなく俊足も武器。楠本の出現で外野のレギュラー争いが活性化する

関連情報

関連キーワード検索

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング