週刊ベースボールONLINE

12球団 必勝プランを探れ!

阪神・最少失点に防ぎ自慢のリリーフ勝負へ

 

球団別に開幕から戦いを分析し、今後を展望、さらに各チームが目指す方向性を探っていく。
※成績はすべて4月7日終了時点。投手陣スタッフは現時点で計算が立ったと編集部が判断したもの

最少得点に先発が抑え、リリーフでつなぎ最後は抑えのドリス[右]で逃げ切るのが必勝パターンだ/写真=毛受亮介


 中継ぎ・抑え陣に「頼るしかない」状況が続いていた。それが必勝パターンと言えるのかどうか……。4月6日、広島戦(マツダ広島)までの7試合で3点以上奪った試合はなかった。今後も貧打線の中で勝利をつかまなければいけない。

 実際にほかのセ球団の打線を見渡しても打力は落ちる部分があるのも事実。その理由として若手起用を重視することで経験値が不足している。開幕で抜てきされた一番・木浪聖也、二番の近本光司はルーキー。四番を打つ大山悠輔も2年間で一度も規定打席に達していないという実情がある。三番・糸井嘉男、五番・福留孝介のベテラン陣が若手を助ける役目となるが・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング