週刊ベースボールONLINE

ありがとう平成、わが心の名勝負

第2回WBC決勝 韓国×日本(2009年3月23日)/平成わが心の名勝負

 

平成の名勝負と言われ、多くの人が真っ先に思い出すのが、この試合ではないか。2009年、第2回WBC。世界一連覇を目指した侍ジャパンが、苦しみながらも再び頂点に立った。

10回裏を無失点に抑えたダルビッシュを中心に歓喜の輪ができた/写真=小山真司


イチローの不振


 東京ラウンド、サンディエゴ・ラウンド、そしてドジャー・スタジアムの決勝ラウンド。決勝の韓国戦を前に、日本は7試合を戦っていたが、うち韓国に2勝2敗。これが5度目の対戦となった。

 試合は9回表を終わって3対2と日本がリード。2連覇は目前だった。しかし、その回裏に送り出したダルビッシュ有(当時日本ハム)が、まさかの同点に追いつかれる。

 この瞬間、日本中が大きなため息に包まれたが、原辰徳監督は「同点で(韓国の攻撃を)せき止めたので、日本が有利になると思った。攻撃の部分で日本のほうに余力があると思っていた」と冷静だった。

 10回表、先頭打者・内川聖一(当時横浜)が韓国の抑え・林昌勇(当時ヤクルト)からライト前にヒット。続く稲葉篤紀(当時日本ハム)が送りバントを決める。さらに岩村明憲(当時レイズ)がレフト前へ運び、一死一、三塁。最大のチャンスで代打の川崎宗則(当時ソフトバンク)が打席に入る・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング