週刊ベースボールONLINE

ありがとう平成、わが心の名勝負

イチロー×松坂大輔 「史上最高の天才打者」対「平成の怪物」(1999年5月16日)/平成わが心の名勝負

 

異様なまでの興奮が球場を包んだ。1994年のブレーク以来、5年連続首位打者を続けてきたオリックスイチローと横浜高時代、“平成の怪物”と言われた西武の新人・松坂大輔の初対決。それは孤高の存在になりつつあった“史上最高の天才打者”に、新たなるライバルが登場した日でもあった。

イチローを3つめの三振に打ち取り、後ろを向いて拳を握りしめた松坂


衝撃の3三振


「彼が優れているのは、手と目の(ハンド・アイ)コーディネーションだ」

 そうイチローの打撃を評価したのは、先だって背番号51のメジャー通算3089安打を抜いたアルバート・プホルス(エンゼルス)だ。卓越したバットコントロールでミートする技術で世界記録となる日米通算4367安打をマークした安打製造機。だが、そのイチローが「頭で思ったことと体で思ったことが違った。頭で出した指示が体に伝わらなかったことが、悔しかった」と脱帽したのが1999年、高卒1年目の松坂大輔(西武)との初対決だった。

 オリックスで5年連続首位打者に輝いていたイチローとデビュー戦で155キロをマークした松坂。5月16日、天才と怪物の初遭遇に西武ドームに集まった5万人の大観衆の期待感が充満していた。1回表二死走者なし。打席に入ったイチローは捕手の中嶋聡に・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング