週刊ベースボールONLINE

ありがとう平成、わが心の名勝負

【編集部選】時代を超え、心に染み入る記憶 忘れじの平成名勝負伝説 Part3

 

アンケートや証言以外にも平成のプロ野球には数え切れないほどのたくさんの名勝負があった。ここでは、そのほんの一部を紹介する。

ロッテ悪夢の連敗、七夕の悲劇(平成10年7月7日)


オリックス7x-3ロッテ(GS神戸)

同点弾を許し、黒木はマウンドにうずくまった


 悪夢の連敗は平成19年(1998年)6月13日のオリックス戦(千葉マリン)から始まった。投打がかみ合わぬまま7月5日のダイエー戦(千葉マリン)でプロ野球ワーストに並ぶ16連敗となった。

 7月7日のオリックス戦(GS神戸)は先発した黒木知宏の好投により3対1とリードしたまま9回二死を迎え、連敗脱出まであと1人にこぎ着ける。しかし・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング