週刊ベースボールONLINE

令和の「新怪物」を探せ!

令和の「怪物」を探せ!伝説の継承者たち 岡本和真、鈴木誠也、山川穂高、吉田正尚、清宮幸太郎

 

球界では時代を超え、常識を超える力を持ったを「怪物」と呼ぶ。すでに覚醒の兆しを見せ始めた者、いまだその一歩手前で苦しむ者もいるが、平成から令和の変わり目に、新たなる時代を予感させる若者が何人も台頭している。果たして彼らは真の「怪物」となるのか。そして、彼ら以外にも「令和の怪物」となる男がいるのではないのか。平成最後の「週刊ベースボール」で検証していきたい。

巨人・岡本和真 G不動の四番へ着々と


岡本和真内野手・23歳


 2018年は入団から前年までトータル13安打、1本塁打の男が、オープン戦打点王で開幕スタメンの座をつかむと、史上最年少で3割、30本塁打、100打点(打率.309、33本、100打点)を達成。6月2日のオリックス戦(京セラドーム)からは第89代四番打者に抜擢され、143試合を完走した。オフの日米野球では日本の四番も担い、原辰徳監督が復帰しても・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング