週刊ベースボールONLINE

令和の「新怪物」を探せ!

松坂大輔 平成の怪物伝説はまだ終わっていない。

 


 19歳の松坂大輔は口をとがらせた。1999年末、西武1年目を終えた松坂がイチローと対談取材に臨み、「『天才対怪物』というマスコミがつけたこの呼び名を、どう思っているんですか」と問われた際の答えだ。

 甲子園春夏連覇、しかも夏の決勝はノーヒットノーランを飾り、プロでもデビュー戦で155キロをマーク。さらに初対決でイチローから3三振を奪う離れ業を見せ、16勝を挙げて最多勝も獲得した。怪物と呼ばれてもおかしくない球歴を歩んできたが、確かに顔にはまだあどけなさを残し、怪物と称するには容姿がかけ離れているような感じもあった。

 イチローはこの対談で松坂を形容する言葉として・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング