週刊ベースボールONLINE

2019ドラフト「令和元年」の逸材発掘

及川雅貴(横浜高/投手) 試練を乗り越える153キロ左腕の決意 「最上級生として、一ケタを背負わないといけない」

 

センバツ後、今春の神奈川大会では背番号「1」ではなく「10」。この現実を、しっかりと受け止めている/写真=大賀章好


 場内の空気を変える“オーラ”がある。弥栄高との県大会準々決勝。2対0で迎えた9回裏、及川雅貴が一塁ベンチ横でキャッチボールを始めると、スタンドがざわつく。二死走者なしとなった場面で、3番手としてマウンドへ向かうと、大きな拍手。投球練習の段階で声援が飛び交う高校球児は、超レアケースと言える。

 平成最後の年明け。あるNPBスカウト幹部に及川評を聞くと「10年に一人の逸材」と、その素材を絶賛した。プロだけの評価だけではない。1月25日の選抜選考委員会。横浜高は前年秋の貴重な資料となる関東大会で8強と、当落線上にいた。「関東・東京」は6枠あり、最後の1枠、東京2位校(東海大菅生高)との比較で、関東5位校の横浜高がセンバツ出場を決めている。

 選抜選考委員によると、最終的な決め手は「大会屈指の及川投手がいる横浜」との見解だった。最速153キロの直球とスライダーで、三振奪取。スケール感のある魅力を兼ね備えていたのだ。そこで思い出したのが、2009年の選抜選考委員会。当時の「東北」の一般選考枠は2。通常なら前年秋の東北大会優勝、準優勝校が選ばれるが、準決勝敗退の花巻東高が出場した。今回の横浜高との共通点として、花巻東高も県大会優勝。また、逆転選出の一因として・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング