週刊ベースボールONLINE

2019ドラフト「令和元年」の逸材発掘

佐々木朗希(大船渡高/投手) 163キロ右腕が見据える『大人の投手』への脱皮 「自分たちが勝って、新しい時代を作りたい」

 

今春のセンバツに出場した星稜高・奥川、横浜高・及川と自身を比較して「2人のほうが確実に上。勝てるピッチャーになりたい」と語る。同校35年ぶりの夏の甲子園出場を遂げ、日本一の舞台で投げるのが夢だ/写真=矢野寿明


甲子園で繰り返した奥川の発言を“引用”


 東北人気質なのか、佐々木朗希は人前であまり表情を崩さない。50人近い報道陣が取り囲む共同会見では寡黙で、言葉数も多いとは言えない。2019年初の対外試合となった作新学院高(栃木)との練習試合後、たった一瞬だけ笑みをこぼしている。

 甲子園でセンバツ準々決勝が行われていたこの日(3月31日)、矢板運動公園野球場では日米18球団45人のプロ関係者が熱視線を送った。3回2安打1失点。昨秋に計測した自己最速にあと1キロに迫る156キロを計測し、6奪三振と上々の滑り出し。「いろいろな変化球を試しながら『大人のピッチング』をしました」と淡々と試合を振り返っている。

 8日前、センバツ開幕日(3月23日)を思い出した。星稜高・奥川恭伸は履正社高との1回戦を前に「賢いピッチャー」「大人のピッチャー」を目指していると繰り返していた。佐々木は練習の合間に甲子園を逐一チェック。特に高校生有力投手で「四天王」を形成していた奥川と横浜高・及川雅貴の投球には興味津々で「自分も負けないように、勝てるピッチャーになりたい」と、同級生の活躍がモチベーションを高める要因となっていた。そこで、奥川の発言を受けた「大人のピッチング」なのかを確認すると・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング