週刊ベースボールONLINE

プロ野球平成記録集計号

ソフトバンク・和田、杉内の同級生左腕が100勝、三冠王・松中が主要部門トップ/チーム別平成ランキング

 

令和時代が始まり、平成が終わった。平成時代にはプロ野球界でもさまざまな選手が活躍を見せた。今号では、さまざまな記録のランキングとともに、平成年代のプロ野球を数字で振り返ってゆく。

杉内俊哉は最多勝、最優秀防御率、最高勝率、最多奪三振を獲得した


2ケタ勝利ゼロで優勝


 平成中盤の2000年代、投手の中心だったのが和田毅、杉内俊哉の同級生左腕と斉藤和巳。勝利は和田が1位で杉内が2位。奪三振と防御率は杉内が1位だ。杉内は05年に18勝、和田は10年に17勝を挙げ、ともに最多勝とリーグMVPに輝いた。

 またストッパーもチームを支えた。1999、2000年の連覇のときにはペドラザ。ソフトバンクになった05年からは馬原孝浩。14年からはサファテがいる。いずれもタイトルを獲っていて、強いホークスには各時代に不動のストッパーが存在した。

 和田、杉内らが入団する前は・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング