週刊ベースボールONLINE

プロ野球平成記録集計号

金本が476本を放って1位。バレンティンはシーズン60本塁打/本塁打平成ランキング

 

令和時代が始まり、平成が終わった。平成時代にはプロ野球界でもさまざまな選手が活躍を見せた。今号では、さまざまな記録のランキングとともに、平成年代のプロ野球を数字で振り返ってゆく。ここからは打撃編。東京ドーム開場の翌年に始まった平成時代は、昭和時代より一回り大きくなった球場を舞台に、打者がパワーアップを競った時代でもあった。盗塁などは全体に昭和時代より減ったが、逆に走れる選手はそれだけ希少価値を持ったともいえる。平成時代に輝いた打者たちの記録を見ていこう。
※通算記録の表の選手の名前の表記と所属は平成31年4月30日時点(NPB現役は現所属。その他はNPB一軍出場最終所属)。表中☆は2019年のNPB現役選手、+は昭和時代にも実働成績のある選手。年数は実働

476本で通算トップの金本知憲広島で244本、阪神で232本と、広島で放った本塁打のほうがわずかに多い


 本塁打王のタイトルはないが、実働21年の金本知憲が476本でトップ。広島時代は11年間で244本、阪神時代は10年間で232本を放っている。2〜6位までの選手も複数球団でプレーしており、単一のチームでは阿部慎之助の399本が一番だ。

 金本の本塁打率(打数÷本塁打)は18.73でしかないが、100本塁打以上放った中で最も本塁打率がいいのはデストラーデで11.35。以下、ブライアントペタジーニバレンティンタイロン・ウッズアレックス・カブレラタフィ・ローズジャック・ハウエルと外国人が続く。日本人トップは6度の本塁打王に輝いた・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング