週刊ベースボールONLINE

プロ野球平成記録集計号

広島・18年間の佐々岡、23年間の前田智がチームを支える成績/チーム別平成ランキング

 

令和時代が始まり、平成が終わった。平成時代にはプロ野球界でもさまざまな選手が活躍を見せた。今号では、さまざまな記録のランキングとともに、平成年代のプロ野球を数字で振り返ってゆく。

投手成績では、佐々岡真司が登板、勝利、奪三振で1位。セーブでも3位に入った


黒田、前田健も好成績残す


 カープ一筋18年間投げ続けた佐々岡真司は登板、勝利、奪三振が1位。佐々岡はセーブも3位となっていて、先発、リリーフと大車輪の活躍をした。先発303、リリーフ267試合に登板し、先発勝利が107、リリーフ勝利は31の成績。

 佐々岡は106セーブを挙げたが、1位は165セーブの永川勝浩。2007年から3年連続30セーブ以上をマークし、08年にはチームの最多記録でもある38セーブを挙げた。

 黒田博樹前田健太のメジャー移籍組も上位にランクインしている。黒田は05年、最多勝の15勝を含め8度の2ケタ勝利をマークし、チーム2位の勝利数。前田健は3度、15勝を挙げ・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング