週刊ベースボールONLINE

変化球誌上レッスン

ロッテ・石川歩の変化球レッスン 投球の軸となる生命線『シンカー』

 

カモメ投手陣の大黒柱である石川歩の代名詞。高校時代に遊び感覚で身につけた変化球は自然と磨かれていき、決め球にもカウント球にも使える投球の軸となった。
取材・構成=杉浦多夢 写真=桜井ひとし、BBM


 高校のころから遊び感覚で投げていました。大学で先発をすることになり、持ち球がカーブとスライダーだけだったので、自分としては一番簡単に投げられるシンカーを加えました。習得するために練習をしたわけでもなく、投げていくうちに自然と磨かれていった感じだったので、もともと自分に合っていたのだと思います。

 シンカーは決め球にもカウント球にも使いますが、真っすぐよりリリースは前のイメージ。中指と薬指で挟んだボールを薬指のほうへ抜きながら、最後は縫い目に掛けた薬指で回転させる力を伝えることで、回転量が上がって変化量も大きくなります。イメージのレベルですが、決め球に使うときとカウント球で使うときでは、このリリースでの力の入れ具合を変えて回転量と変化量を調整するイメージです。

 投げ方は同じでも・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング