週刊ベースボールONLINE

2019若虎猛進

二軍の若虎は今季も強い!一軍との連携も充実。下から上を突き上げる

 

二軍の若虎軍団は今季もウエスタン・リーグの首位を独走している。6月1日の時点で30勝19敗4分。2位の広島に5ゲーム差をつける。昨季は矢野燿大二軍監督の下、リーグ優勝に12年ぶりのファーム日本一に輝いたが、今季2連覇も十分ある。その継続する強さはどこからくるのだろうか。
※成績・記録は6月1日時点 写真=石井愛子

昨季と同様に本拠地で勝った直後に平田監督の指名を受け、ファンを前にマイクパフォーマンスをしている。ファンサービスも引き継がれている


【投手陣】一軍の息を感じながら


 今季から平田勝男二軍監督が就任。好調の要因はどこにあるのか。平田二軍監督は「ピッチャーがいいからね」とシンプルに話す。チーム防御率は2.31と現在リーグ1位。今季は相手チームの四球や失策から得点し、投手陣が守り抜き接戦を制すことも多い。二軍も、一軍同様に投手陣の安定は欠かせない。2年目の馬場皐輔投手、4年目の望月惇志投手が先発として防御率リーグ2位、3位に入るなど、若手が中心となって登板を重ねる。

 3年目の浜地真澄投手は今年初めて一軍春季キャンプに参加。オープン戦から一軍戦に先発し経験を重ね、ほかの先輩投手陣から学んだものも大きかった。

「例えば、投げる前日に治療していたのを、2日前にしたり。西(西勇輝)さんにも聞いたりしました」。

 チーム全体での新たな試みもある。これまで一軍では先発を終えた投手も・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング