週刊ベースボールONLINE

2019ルーキー中間報告

巨人・山下航汰(外野手・19歳) 早くも二軍の中心打者/育成ルーキーたちの挑戦

 

育成契約の選手たちが一軍の公式戦に出場できないことは周知のとおり。同じ新人とはいえ、支配下のルーキーとは異なり、3ケタ番号の彼らには支配下昇格というもう1つの関門が待っている。ここでは“育成”ながら“支配下”の新人よりもいち早く頭角を現し、アピールを続ける4選手を紹介する。
※成績は6月13日現在。年齢は2019年の満年齢

山下航汰/やました・こうた●2000年11月15日生まれ。大阪府出身。176cm80kg。右投左打。健大高崎高-巨人19育成


 高卒1年目ながら、いまや二軍の中心選手として活躍している。健大高崎高では高校通算75本塁打を放った山下航汰は、一軍経験者もいる中でクリーンアップに座り、早くもイースタン・リーグ47試合に出場、リーグ3位の打率.313と安定感のある打撃を見せる。

「三軍から二軍に上がって最初のほうは、環境とかがすべて違ったので、適応というか、そこに苦しんでいたんですけど、チーム(の輪)にも入っていけるようになりましたし、プロの世界に徐々に慣れてきたかなと思います」

 ブレークの秘密は「バットの芯で捉えること」だ。当たり前のようだが、金属バットを使う高校野球では、多少芯を外しても、筋力があれば打球は飛ぶ。だが、プロで使用するのは木製バット。わずか数センチの芯でとらえられなければ鋭い打球は望めない。高校時代からその先のキャリアを見据え、木製バットで練習を積んできたという山下航は、プロでも高い意識を持って取り組んでいる。

「自分のスイングをすれば、芯に当たると思っているので、試合前のフリーバッティングから・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング