週刊ベースボールONLINE

なるか4連覇!広島勝負の夏

カープ新人びんびん物語

 

衣笠祥雄/1965年入団/捕手/28試合、7安打、1本塁打、打率.159


 何人かの懐かしい写真を並べてみた。いずれもカープ伝統の猛練習で這(は)い上がった男たちである。

 1965年入団の衣笠祥雄は、伝統のスタートを「根本(根本陸夫)さんがコーチとなられた67年からでしょう」と話していた。衣笠にとっては、3年目。のちの西武監督時代から“放任主義”の印象もあるかもしれないが、フィジカル面の基本練習、それも若手については容赦なかった。

 根本は翌68年から監督。その2年目、69年に、法大から入った山本浩二(当時浩司)は振り返る。

「厳しかったね。プロに入ったんだし、おいしいもん食べたり、飲みに行ったりできるのかと思ったら、とんでもない話。試合前の練習でも個人ノックでへとへとになるまでする」

 山本浩は1年目からセンターのレギュラーになったが、その強肩は、いまだにオールドファンの語り草だ。

「開幕の中日戦でセンターを守り、江藤慎一さんの打球が右中間に飛んだ。ライトの山本一義さんの球だったけど、一義さんも肩が衰えていたんで、ワシは奪うように捕って投げた。これがホームにノーバウンドで行って、江藤慎一さんは・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング