週刊ベースボールONLINE

ドラフト1位候補クローズアップ【高校生編】

佐々木朗希(大船渡高) 高校生最速163キロ『異次元』の存在 「評価していただけるのは、自分にとっても自信になる」

 

すでに「評価」は終わっている。早くも日本ハムは1位指名を表明しているが「令和の怪物」に対して、他球団は「行くのか?」「行かないのか?」の二者択一だ。最後の夏を目前に、練習試合の会場は報道陣、スカウトでヒートアップしていた。


 令和元年の超目玉、163キロ右腕・佐々木をめぐるスカウト戦線が大きく動いたのは、6月2日だった。佐久長聖高(長野)との練習試合(岩手県一関市内)を視察した日本ハム・吉村浩GMが佐々木のドラフト1位指名を「表明」。先手を打つ形となった球団戦略について、同球団の大渕隆スカウト部長はこう説明する。

「滅多に出ない存在。スケール感で圧倒していた。基準としてチーム状況ではなく、能力で取る『その年のNO.1』という方針がある。2019年に関しては揺るがない、変わらない。待っていても仕方がないわけなので、明確になった時点で表明したということです」

 佐々木は6月30日、由利高(秋田)との練習試合後、あらためて「国内球団志望」を明言。かつて菊池雄星(現マリナーズ)、大谷翔平(現エンゼルス)は強いメジャー・リーグ志向を持っていた一方で、佐々木はNPBを強く希望するが、MLB球団の動きは不透明。大渕スカウト部長は「(本人に)メッセージを伝えることも重要」と“誠意”を示す形を取った。日本ハムの早い動きに対して、ヤクルト・橿渕聡スカウトグループデスクはこう、反応する。

「なかなか出てこない選手だからこそ、早めの発表をしてきたのではないかと思います。高校生は夏でシーズンが終わり、大学、社会人も(スカウト戦線においては)佳境を迎える。スカウトグループだけでなく、最終的には会社の判断になります」

 現状評価は日本ハム同様、是が非でもほしい対象選手のようである。

「1位候補? 揺るぎない。(指名するかは)チーム戦略に関わってくることですが、チーム状況を我慢してでも、行きたい素材。編成部門との話し合いになるかと思います」

 中日・山本将道アマスカウトチーフ補佐は東北福祉大出身で、昨年まで26年、大学4年間を過ごした東北地区を担当してきたベテランだ。

「2年秋の段階で別格です。上司には『あとは行くか、行かないか』という報告をしてきました。今年4月に出した163キロ(国際大会対策研修合宿、近大グラウンド)は、ウチのスピードガンだったんです。『間違いだろう?』と思ったら・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング