週刊ベースボールONLINE

ドラフト1位候補クローズアップ【大学生編】

森下暢仁(明大) 名実ともに得た『No.1』の称号 「誰かに負けないとかではなく、自分がやっていることを評価していただければいい」

 

「好投手」が「勝てる投手」になった。6月の全日本大学選手権を38年ぶりに制し、正真正銘のトップ評価を手にしたと言っていい。高校時代も上位候補にリストアップされていた逸材は、有意義な大学4年間を経て「即戦力」として期待される。
取材・文=岡本朋祐 写真=田中慎一郎

一冬をかけてフォーム修正に取り組み、今春の安定した投球につながった。最速155キロに大きくタテ変化するカーブが効果的な緩急である


 広島一筋、キャリア42年目の超ベテランである苑田聡彦スカウト統括部長(74歳)が、神宮ネット裏に座る席は決まっている。投手の球筋だけでなく、野手の動きもチェックできる絶好のポジション。森下暢仁の投球も4年間、同じ角度から追ってきただけに、成長過程を最もよく知る。佛教大との大学選手権決勝(6月17日)。明大の先発・森下は7安打完投勝利(6対1)で、38年ぶりの日本一へと導いた。東洋大との準々決勝も108球で7安打完封。決勝も105球の省エネ投球を披露。背番号10の主将が、全国の頂点に立っている。

「高校時代(大分商高)も大分で見ていますが『プロへ行くだろう!』と、当時からキレの良いボールを投げていました。この4年間で、うまいこと上げてきましたね。(ドラフト1位で)競合しますよ。春先までは、冗談で佐々木(佐々木朗希。大船渡高)に全12球団が入札して、(外れた)11球団で(第2回入札を)ヨーイドン! なんて話もしていましたが、森下には5〜6球団が来るかもしれない」

 プロの目には、どこが魅力に映るのか。最速155キロを誇る真っすぐの球筋に大きな変化が出たという。苑田スカウト統括部長は続ける。

「昨秋までは147、8キロのストレートが高めに浮いていて、低めは136、7キロ。でもこの春は151キロが、低めにコントロールされている。軸足でしっかり立って、重心が安定している。最近のピッチャーはあまり投げなくなったカーブも良いですから、左打者の内角低め(右打者ならば外角低め)のポン! というストレートがより生きてくる」

 森下の武器は、投げるだけではない。佛教大との決勝でも・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング