週刊ベースボールONLINE

2019ドラフト特集 中間報告

球団担当がポジション別に徹底分析!12球団ドラフト補強ポイント&ターゲット【セ・リーグ編】

 

2019シーズンも折り返し地点に差し掛かり、ドラフトに向けた戦略が徐々に絞られてきた。各球団のポジション別補強ポイントを確認しながら、今秋のターゲットを予想していこう。
※年齢は2019年の満年齢。記録は7月4日現在

広島・今秋のターゲット



 ポジション別では下記のような補強ポイントが考えられるが、現状、チームが首位争いできていること、投打いずれかに極端に戦力が偏っていないことを考えれば、「このポジションに即戦力を」という、チーム事情優先のドラフト戦略は必要ない。オーソドックスに、「いい素材」を獲りに行く方針になるだろう。

 今年は投手に好素材が多いので、素直に1位は投手狙いか。さらに言えば1位入札で競合する可能性のある選手が多く、クジを外しても好素材の投手が残っていることも考えられるため、まず競合覚悟で攻めるのでは。佐々木朗希(大船渡高)の可能性もあるし、さすがにそこは倍率が高い、と判断すれば、野村祐輔の後輩の森下暢仁(明大)や広島出身の西純矢(創志学園高)が有力になるか。一本釣りにあっていなければ、外れ1位で地元社会人・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング