週刊ベースボールONLINE

2019外国人特集

最新助っ人事情 国内移籍組の現在地とは!?

 

外国人選手たちの“国内移籍”のあり方が多様化してきている。すでにNPBで確たる実績を残している助っ人の獲得だけでなく、ときに先行投資や育成の対象にもなる中で、現在の“国内移籍組”助っ人たちの現在地を探る。
※成績は7月14日現在。年齢は2019年の満年齢


リスク小の国内移籍


 今季、大きなインパクトを与えている外国人選手の1人が日本ハムからロッテに移籍したレアードだ。開幕から4戦連続本塁打を放つと、オールスターまでにリーグ2位の24本塁打。キャリアハイのペースでチームの長打力アップに貢献している。

 ロッテは打線の破壊力不足が長年の課題だったが、2016年のナバーロ、17年のダフィー&パラデス、18年のドミンゲスなど助っ人大砲の補強は失敗続き。唯一の優良助っ人だったA.デスパイネは17年にソフトバンクに引き抜かれた。補強戦略が悩みだったロッテとしては、日本ハムでの4年間で131本塁打を放ちながら契約延長交渉が不調に終わり、突如、市場に流れてきたレアードは願ってもない存在だった。フタを開けてみなければ当たりか外れか分からない“新”外国人より、NPBで実績十分の助っ人のほうが計算できるのは当然。ましてや同一リーグの移籍であればなおさらだ。

 昨オフ、国内移籍したもう1人の外国人が中日から阪神に移籍した先発サウスポーのガルシア。しかし・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング