週刊ベースボールONLINE

真夏の主役はベイだ!

DeNA・宮崎敏郎 苦悩の先に見えた光 「そういう期間というか“試練”を与えてもらったのかな──」

 

2017年の首位打者であり、2年連続3割をマークしベイ打線の看板スラッガーが開幕直後、極度の不振に陥った。後半戦に入り、ようやく本来の姿に戻りつつあるが、芸術的とも言える打撃の持ち主の内部に、何が起きていたのか。
文=石塚隆、写真=井田新輔

宮崎のバットから快音が響き始めるのに合わせて、チームの調子も上向いてきた。6月29日の広島戦[横浜]では、延長10回にサヨナラ打を放った


 それは“河原の石積み”のようなものだという。いびつな形の石を絶妙なバランスで積み上げる。点と点とで成り立つ、ここしかないといった均衡。だが数ミリでもポイントがずれれば、石はあっけなく瓦解する。

 宮崎敏郎のバッティングには、そんな微細な感覚が必要なのだという。

「連動する独特なバッティングなので、一つ目がつまずくと、二つ目、三つ目がずれてしまう。そこを一つずつ修正して積み上げていかなければならず、最初はなかなか解消することができませんでした。問題点を見つけるのも遅かったし、それで時間が掛かってしまった……」

 春先の自分を宮崎は振り返った。

 極度の不振だった。3、4月の月間打率は.165。レギュラーとなって初めての大スランプ。ただ三振の数は少なく、ボールの見極めはできていたが、ヒットポイントがずれ凡打を繰り返した。

 調子の上がらぬ宮崎に周囲からはいくつもアドバイスが届くが、それが混乱に拍車をかけたのではないか。「いや、あまり聞いていませんでしたね」と、宮崎は笑った。

「ただ・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング