週刊ベースボールONLINE

真夏の主役はベイだ!

ベイスターズOB・野村弘樹氏が徹底分析 勝負の後半戦を占う【投手編】「先発陣は最低でも6回を投げ切ること。期待するのは櫻井、齋藤の若武者2人!」

 

やはり野球は投手力だ。一時は借金11を抱えたDeNAがAクラス争いまで浮上できた要因の一つに、交流戦以降の投手力の安定がある。8月に向けて優勝争いをするために必要なものは何だろうか? OB野村弘樹氏がチェックする。
※成績は7月28日時点

野村氏が高く評価する2年目左腕の櫻井。度胸ある投球でリリーフで躍動


頭数はそろうもイニングは食えず……


 今年の投手陣をけん引しているのは間違いなく今永昇太です。でも、ちょっと疲れが出てきているかな。7月25日の阪神戦(甲子園)で今季2度目の完封勝利を飾るなどデキは悪くない。けれど、前半戦ほど真っすぐで空振りがとれなくなっているのが気になります。夏を制するものがシーズンを制する、と言われますが、本当の勝負はこれからです。とはいえ、考え方を変えれば、野手もバテる時期です。ここで、どれだけ先発陣が頑張れるかがカギでしょう。開幕直後は勝利に恵まれなかったルーキーの上茶谷大河は、5つ勝っています。ここまで来たら新人王を狙っていきたいし、狙えるポジションにもいると思う。最低あと5勝、シーズン2ケタ勝利すれば新人王の射程圏に入ってくる。ぜひ目指してもらいたいですね。

 開幕から振り返ってみると、先発候補だった東克樹が出遅れた。期待された飯塚悟史も間に合わず、合流してからもピリッとしない。京山将弥も結果が出せない。手術明けの井納翔一は良かったり、悪かったりと安定しない。毎年言っていることですが・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

特集記事

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング