週刊ベースボールONLINE

真夏の主役はベイだ!

あのときハマは熱く燃えていた 1998年、38年ぶりの横浜の歓喜

 

すでに21年前になるが、横浜が熱く熱く燃えた年があった。大魔神、マシンガン打線。多少物騒な言葉が飛び交った奇跡のような1年だった。

リーグ優勝は甲子園で決めた。佐々木が谷繁と抱き合ってジャンプ


 1998年、あのとき、横浜には魔法がかかっていた。

 横浜高が平成の怪物・松坂大輔の怪腕で甲子園を春夏連覇。特に夏、あまりにも劇的な展開に、日本中の野球ファンの目が釘付けになった。しかも、だ。まさか万年Bクラスの横浜ベイスターズが38年ぶりの優勝に向け、快進撃を続けるとは……。

 横浜球団としての初優勝は60年の大洋ホエールズが初だった。名将・三原脩監督の下、6年連続最下位から、まさに奇跡のリーグ優勝、そして日本一だったが、このときは川崎球場が本拠地。横浜移転後の優勝は、98年が今のところ最初で最後となっている。

 しかしながら、あの年の横浜はまったくのノーマークというわけではない。97年は大矢明彦監督の下、勝率.533で2位。80年以降、5割超えは、83年、関根潤三監督の下、61勝61敗の5割での3位と、95年、近藤昭仁監督の下、66勝64敗の.508で4位の2度だけだった。原動力は打ち始めると止まらない「マシンガン打線」と絶対的クローザー、“大魔神”佐々木主浩だ。8月には首位ヤクルトに2.5ゲーム差まで迫り、一時は逆転優勝も予感させた。

 オフに大矢監督はフロントとの確執もあって退任。後任は権藤博バッテリーコーチとなった。権藤は近鉄などで投手コーチとしては高い評価を得ていたが、監督としてはまったく未知数。力量を疑問視する声もあったが、その声を無視するかのごとく、独自の取り組みをした。自身を「監督」と呼ぶことを禁止。「権藤さん」と呼ばせ、これをマスコミ、球団関係者にも徹底した。ミーティングをやらず、全体練習を短かめにし、自主性に任せた。

 甘やかしたわけではない。口癖は・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング