週刊ベースボールONLINE

恐るべき10代 近未来の主役たち

村上宗隆の原風景 心身を鍛えた高校3年間「練習だけはできる子。意外とへこたれないんです」

 

1年夏を最後に、甲子園とは縁がなく、悔しさをかみ締めた。自然災害を経験し、命の尊さも実感。燕の未来を明るく照らすスラッガーの原点は、故郷・熊本での鍛錬の日々にあった。
文=岡本朋祐 写真=BBM


 高校3年間を指導した九州学院高・坂井宏安監督は2017年10月の段階で、村上宗隆のプロでの活躍を予言していた。ドラフト2週間前の取材時に、こう話した。

「村上には、練習量をこなせるだけの体力がある。大学を経てからという選択肢もありましたが、村上の場合はチャンスがあるときに挑戦すべきと、後押ししました」

 四番で出場した1年夏の熊本大会1回戦の第1打席で、満塁本塁打。同夏の甲子園に出場すると、同級生で左打者、同ポジション(一塁手)の早実・清宮幸太郎(現日本ハム)と比較された。まだ、15歳。急激な周囲の変化に戸惑い、遊学館高(石川)との初戦(2回戦)では4打数無安打と、見せ場を作れなかった。一方、清宮は2本塁打を放つなど4強進出と明暗は分かれた。毎年、九州学院高と早実は夏の県大会前に練習試合を行い当時、村上は「打者のライバルは清宮」と公言していた。

 1年秋から捕手に転向し、二塁送球1.9秒台の強肩で、攻守でチームをけん引した。2年時には熊本地震を経験。熊本市内の自宅に大きな被害はなかったが「生きているから野球ができる」と、命の尊さをあらためて知った。同秋から主将を務めるも、3年夏は熊本大会決勝で、4季連続で甲子園に出場する秀岳館高に敗退している。

 高校通算52本塁打。しかし、高校日本代表の選考から漏れている。

「お前は『清宮世代』には入っていないよ、と・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング