週刊ベースボールONLINE

世界に挑んだ「侍ジャパン」高校代表

佐々木朗希(大船渡高/投手) 悔しさとともに手にした収穫 「高いレベルで大きな責任を背負ったことがなかったので、これからにつながる経験になりました」

 

第29回WBSC U-18ベースボールワールドカップが8月30日から9月8日まで韓国・機張郡で開催された。高校日本代表チームは、スーパーラウンドで惜しくも敗れ5位に終わったが、20人の精鋭は世界の舞台で大きな財産を得た。「運命の日」、ドラフト会議は10月17日。今号は、例年以上に逸材が集まると言われる高校生を中心に、有力候補を特集する
取材・文=岡本朋祐、写真=高原由佳

U-18W杯スーパーラウンド、韓国との第2戦に先発した今ドラフトの目玉である佐々木朗希。右手中指に血マメをつくりながらも、150キロ超のボールを投げ込んだ


 初の世界一を目指してU-18杯(韓国・機張)で戦った高校日本代表は20人の少数精鋭で、10日間で最大9試合の超過密日程。投手登録9人のうち創志学園高・西純矢、興南高・宮城大弥は打者としての出場もあり、野手も不慣れなポジションでフル回転。佐々木朗希は1日も早く、戦力になりたいと考えていた。

「ゲームに出たい気持ちもある。出て貢献するのが一番いい。任されたときは仕事ができるようにしたい」

 8月26日、大学日本代表との壮行試合(神宮)で先発したが、1回(無失点)に右手中指に血マメができたことが判明し、12球で降板となった。国内合宿期間中はノースロー。韓国入りしてから3日後の30日にキャッチボールを再開すると、9月2、3日にはブルペン入りし、ピッチを上げてきた。佐々木の先発前日、カナダとのスーパーラウンド初戦。星稜高・奥川恭伸が今大会初先発で7回1失点、18奪三振の快投を見せる。一足先に“ライバル”が世界デビューを飾ったのだ。

 今大会は「球数制限」がある。50球以上が中1日、105球以上を投げると、中4日の登板間隔を空けなくてはいけない。この“被害”にあったのが佐々木。カナダ戦の5回終了後からブルペンで準備を始めた。6回終了時点で奥川の球数は90球。仮に7回表に104球に到達すれば、佐々木が救援する可能性もあった。結果的に奥川は7回を103球で終え、その裏に打線が3得点とリードを4点差に広げたことから、佐々木の初登板は消滅している。

 結果的に振り回される形となった。翌日の韓国戦で先発を任されたが、ブルペン投球の段階で“古傷”に違和感を覚えた。だが、首脳陣に伝えることなくマウンドへ。メンバー20人で唯一、出場がなく、ようやくチームの“輪”に加われる機会。しかも、多くの人が注目した初登板で・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング