週刊ベースボールONLINE

12球団ドラフトCHECK!

中日・“即戦力組”と“未来の主力組”に割れる/2018ドラフト通信簿&2019展望

 

ここでは12球団のドラフト戦略を検証していこう。今後もドラフト本番まで同様の企画をするつもりなので、今回は2018ドラフトの検証にウエートを置いた。ただ、ヤクルト村上宗隆の例を挙げるまでもなく、ドラフトの成否は1年で分かるものではない。あくまで彼らの「現在地」とチームの補強傾向を探るためのものである。
※記録は9月8日現在

高卒ながら一軍でマスクをかぶった石橋康太。首脳陣からの期待も高い


 指名した6人中3人がすでに一軍デビュー済みと、まずまず。大卒・社会人組では梅津晃大の故障による出遅れはマイナス評価だが、一軍初登板初先発が8月だったのにもかかわらず、すでに3勝を挙げている。勝野昌慶も一時は先発ローテーションに食い込んだ。滝野要だけは左ヒザの靭帯損傷など、故障もあって一軍未出場だが、大卒・社会人組が1年目から一軍で戦力になるのは当然と言えるかもしれない。

 一方で、捕手の石橋康太は唯一高卒組で一軍を経験。先発マスクもかぶり、お立ち台にも立った。加藤匠馬大野奨太らがおり、出番は限られているものの、一軍に帯同しながら知識を蓄える日々を送る。実戦でノウハウをたたき込みたい伊東勤ヘッドコーチ、中村武志バッテリーコーチらの期待値の高さも・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

特集記事

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング