週刊ベースボールONLINE

12球団ドラフトCHECK!

ロッテ・出遅れも即戦力が巻き返して豊作の予感/2018ドラフト通信簿&2019展望

 

ここでは12球団のドラフト戦略を検証していこう。今後もドラフト本番まで同様の企画をするつもりなので、今回は2018ドラフトの検証にウエートを置いた。ただ、ヤクルト村上宗隆の例を挙げるまでもなく、ドラフトの成否は1年で分かるものではない。あくまで彼らの「現在地」とチームの補強傾向を探るためのものである。
※記録は9月8日現在

小島和哉は貴重な左腕として先発ローテの座を取り戻している


 ドラ1の大器・藤原恭大は開幕スタメンを飾ったものの、現在は二軍で腕を磨く日々。期待の大卒投手も軒並み出遅れ、序盤戦に限れば失敗ドラフトの予感が漂った。

 しかし、後半戦に入ると状況は一変。ドラ2右腕の東妻勇輔は7月に初昇格すると8月からはブルペンの中心的な存在となり、ドラ3左腕の小島和哉は先発ローテの座を取り戻して8月は4試合で2勝1敗、防御率1.88の活躍。ドラ5左腕の中村稔弥もロングを含めてブルペンを支えており、三者三様の働きで苦しい時期に差し掛かった投手陣の救世主となっている。

 藤原は二軍戦で苦戦しながらも着実に実戦経験を重ね、山口航輝は持ち前のパワーをしっかりと発揮。球団方針として1年目の高卒投手は体づくりに専念させることが多い中で、古谷拓郎は・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング