週刊ベースボールONLINE

12球団ドラフトCHECK!

日本ハム・3人が一軍デビューも定位置獲得はならず/2018ドラフト通信簿&2019展望

 

ここでは12球団のドラフト戦略を検証していこう。今後もドラフト本番まで同様の企画をするつもりなので、今回は2018ドラフトの検証にウエートを置いた。ただ、ヤクルト村上宗隆の例を挙げるまでもなく、ドラフトの成否は1年で分かるものではない。あくまで彼らの「現在地」とチームの補強傾向を探るためのものである。
※記録は9月8日現在

ドライチの吉田輝星は交流戦の広島戦でプロ初登板初勝利をマーク


 昨年夏の甲子園を沸かせたスターを指名し、華やかな顔ぶれがチームに加わった。中でも注目は吉田輝星。過去の黄金ルーキー同様に綿密な育成プランに沿って、イースタンでの登板を重ねて6月12日の広島戦[札幌ドーム]で待望の一軍デビュー。持ち味の伸び上がる直球を武器に5回4安打1失点でプロ初登板初勝利をマーク。だが、その後は2試合に登板して序盤で打ち込まれて二軍再調整へ。現在は課題の制球力アップに取り組んでいる。

 吉田とともにここまで一軍の舞台を踏んだのは3位の生田目翼と4位の万波中正。イースタンで着実に結果を残しての昇格となったが、一軍定着の壁は厚く、ともに短期間での降格となった。5位の柿木蓮はキャンプでは一番の高い評価を得ていた・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング