週刊ベースボールONLINE

2019西武連覇達成!

若獅子はまだまだ強くなれる

 

優勝決定試合にも登板した平良。高卒2年目右腕をはじめ、今季の経験を糧にしてさらに選手はレベルアップを果たす


「正直、今年の優勝は難しいと思っていた」

 辻発彦監督をはじめ、多くの選手も同じように口にしていた。首位・ソフトバンクと最大ゲーム差8.5、8月のチーム防御率5.44……。その苦境を乗り越えられた一番の要因は、“野手力”にあったと言っていいだろう。

 最多安打の秋山翔吾が一番で出塁し、首位打者・森友哉、本塁打王・山川穂高、打点王・中村剛也らが形成するクリーンアップできっちりかえす。そして盗塁王・金子侑司が足でかき回す。打撃タイトル5部門を独占したメンバーが顔をそろえる打線は、とにかく破壊力抜群だった。

 それに匹敵するほど大きかったのが・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング