週刊ベースボールONLINE

ドラフト1位指名選手は誰だ!

中日・候補は4人の投手も1位指名は明言せず/12球団ドラフト会議戦略を探れ!

 

いよいよ間近に迫ってきた2019ドラフト会議。ここでは過去の指名傾向と抽選の“強さ”を振り返りながら、今年の12球団のドラフト戦略と1位指名を展望していく。
写真=BBM

2011年のドラフトで、3球団競合で引き当てた高橋周平。現在キャプテンを務めている


 逸材確保のために、競合は覚悟の上だ。方針として、基本的には即戦力を求めているが、高校生でもその力があると判断されれば、躊躇なく指名に動く。

 10月4日のスカウト会議を経て、1位候補は奥川恭伸(星稜高)、佐々木朗希(大船渡高)、森下暢仁(明大)、河野竜生(JFE西日本)の投手4人に絞られた。

 松坂大輔の退団が決定し、球団は“チームの顔”となるスターを求めているだけに、“準地元”の逸材で夏の甲子園で準優勝投手となった奥川は、即戦力としてもスター候補としても評価が高い。

 外れ1位を含めた上位候補には、右のスラッガー・石川昂弥(東邦高)の名前が・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング