週刊ベースボールONLINE

2019日本シリーズ戦力分析&展望

巨人・打線好調で交流戦の“リベンジ”/日本シリーズ戦力分析&展望

 


菅野智之はどうなる?


 CSファイナルステージでは、4試合で21点をたたき出すなど、打線が好調だ。その中心に座るのが、四番・岡本和真原辰徳監督も「頼もしく、大人になった」と評価する若き主砲は、CSファイナルで打率.533、3本塁打、7打点。短期決戦で勝負強さを見せ、MVPも受賞した。そんな主砲を中心に、一番の亀井善行から始まる打線は、CS2本塁打の六番A.ゲレーロまで切れ目なし。これに・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

特集記事

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング