週刊ベースボールONLINE

2019ドラフト総決算

ドラフト2位の逸材たち“ドライチ”を超えていけ!【セ・リーグ編】

 

ここからはウエーバー方式で指名されたドラフト2位の逸材たちを指名順(セ・パ別)に紹介する。巡り合わせで2位指名となったが、球団の評価は1位に匹敵する選手ばかりだ。

ヤクルト2位・吉田大喜 目指すは「先輩・松本」超え


吉田大喜/よしだ・だいき●1997年7月27日生まれ。大阪府出身。175cm80kg。右投右打。白川小5年から若鮎スポーツ少年団で野球を始め、内野手としてプレー。東雲中では軟式野球部に所属し、2年秋から投手になる。大冠高では1年夏からベンチ入り。2年秋は大阪大会で5回戦進出。3年春は同2回戦敗退。3年夏は同4強入りした。日体大では1年秋からリーグ戦に登板。4年春までに29試合で4勝4敗、防御率1.65をマークしている


 3年半汗を流してきた日体大の練習場で気持ち良く宙を舞った。2巡目に名前を呼ばれても、会見場では緊張して顔をこわばらせていたが、野球部員たちに胴上げされると、ようやく安どの笑みが漏れた。

「選ばれるのかどうか不安で緊張していました。いざ名前が呼ばれても信じがたくて。仲間に祝福されて実感がわき、うれしくなりました」

 1学年上の先輩だった松本航(現西武)と東妻勇輔(現ロッテ)の背中を必死に追いかけてきた。元中日辻孟彦コーチは吉田の才能を見込み、「大学在学中に松本を追い越せ」と1年生のころからハッパをかけ続けた。初めてスカウトしてきた教え子への思い入れは強く「潜在能力を信じていた」としみじみ話す。

 指導者の助言に素直に耳を傾けた吉田は・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング