週刊ベースボールONLINE

鯉の新監督を同郷OBが直撃!

広島・佐々岡真司監督インタビュー(聞き手=大野豊) 上だけを目指して 「監督と呼ばれるのは、まだピンとこないし、照れくさいです」

 

今季、4連覇を逃し、2020年に逆襲を狙う広島。その新指揮官に就任するのが、佐々岡真司監督だ。投手コーチからの内部昇格とあって、チーム状況の把握はできており、来季への構想もすでに着々。どんな野球を、どんなチームを目指すのか。現役時代に新監督と同じく100勝&100セーブを達成した同郷の先輩・大野豊氏が直撃した。
取材・構成=藤本泰祐 写真=佐々木萌(インタビュー)、BBM


森下君は即決でした。先発でいきます


大野 まずは、佐々岡監督、(就任)おめでとうございます。要請を受けたときの心境はどうでしたか。

佐々岡 常務(鈴木清明球団代表)から「頼む」とズバッと言われたんですけど、光栄に思ったのと、自分でいいのかな? と思ったのと(笑)。半分以上そっち(後者)だったですね(笑)。

大野 いずれ、自分にそういう要請がある、という心の準備は。

佐々岡 まだ一軍でやって1年だったんで。(緒方孝市)前監督ももう1、2年やるだろうという気持ちでいたのですが、阪神のシーズン最終戦の日でしたか、コーチ陣の前で「今年でユニフォームを脱ぐ」と言われて。その後は、周りからのいろいろな声は耳に入っていましたが、「まさかな」という気持ちでいました。

大野 要請を受け、決断するには、ご家族の理解が必要だったと思いますが。

佐々岡 家族も最初は「ウソでしょ」という感じだったんですが、息子なんかは、電話で話したら「オヤジが決断したなら、家族として応援する」と。

大野 監督となると、いろいろ言われることもあるだろうし。

佐々岡「何を言われようと、家族は家族」と言われて、僕も決心しました。「よし、やろう」と。

大野 監督になったら、選手との接し方も変わってきましたか。

佐々岡 話しかけづらいのか、なんか寄ってこないな、という感じもしていますが(笑)、まあ僕のほうは、コーチ時代と変わらず、コミュニケーションを取っていきたいと思っています。ただ、打撃ケージの横へ行ったりするのにはなかなか慣れないもので、ついついピッチャーのほうに行ってしまいがちなところはありますね。

大野「監督」と呼ばれるのは。

佐々岡 ピンとこないし、照れくさいですよ(笑)。

大野 さて、今年は4位に終わりましたが、その要因をどう見ていますか。

佐々岡 やっぱりピッチャーだと思うんですよね。確かに防御率は、前年よりよくなったんですが、やっぱりここというときの逃げ切りができずに何試合か落としているので。

大野 そこから、佐々岡新監督は、どういう野球を目指していきますか。

佐々岡 基本はやっぱり守りです。カープ野球は、ピッチャーを中心とした守り。その中で1点を取っていく、というのが伝統だと思うので。ただ、それを基本線としながらも、今年1年間見ていて、やっぱり・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング