週刊ベースボールONLINE

新たなる戦力図を読み解け!

広島・セットアップと一番打者が固まれば、一気に理想型ができる!/12球団の2020プラン

 

佐々岡真司新監督の下、V奪回を目指す広島は、ドラフトで即戦力投手を指名したほか、投打に新外国人を補強した。あとは菊池涼介が残留となれば、期待十分の戦力が整うことになるが……。
※状況は11月2日現在。2020年戦力見込みは編集部による

V奪回への陣容が整うには、華麗な守備でチームを支える菊池涼のポスティング希望が、今オフは凍結されることが前提だ


パワーピッチャーで救援陣を構成


 投手陣では、ドラフト1位で今年の即戦力No.1の森下暢仁(明大)の一本釣りに成功し、さらに150キロの速球を持つという右腕の新外国人・D.J.ジョンソン(前ロッキーズ)を獲得。この2人の新戦力で、陣容の充実を図る。

「すぐにでも先発ローテーション入りが可能」ともいわれる森下は、入団が決まれば、まずは先発投手として組み入れられる形になるだろう。さらにもう一人、現有戦力で期待がかかっているのが、昨年は主にセットアップを務めていた遠藤淳志だ。来季は先発として起用の予定。スタミナもあり、先発定着で一気に勝ち星を積み重ねてもおかしくはない。

 今季、先発を務めていた大瀬良大地クリス・ジョンソン九里亜蓮床田寛樹野村祐輔が順調なら、ここに森下と遠藤を加えて7人の先発がそろう。基本的には先発は6人いれば1週間がまかなえるので、そうなると7人の中から疲れが出ていたり、調子が落ちた投手を常に1人ファームで再調整させながら戦うことができる態勢が整う。

 この構想が実現すれば、今季は主に先発で投げていたが、昨年はリリーフで実績を持つアドゥワ誠を自在に使うことも可能だ。先発要員としては、2017年に15勝を挙げた実績のある薮田和樹の復活にも期待。また、今季、守護神として結果が残せなかった中崎翔太を、心機一転先発で使う可能性もないとは言えない。

 一方・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング