週刊ベースボールONLINE

12球団プレーヤーズ完全ファイル

主力打者のホットゾーン付き 2019西武 プレーヤーズ完全ファイル【野手編】

 

55 秋山翔吾(外野手/外)

開幕当初の三番では苦しんだが一番で本領を発揮。得点圏打率が.244と低いのは気になる点か。

【2019】143試合、179安打、20本塁打、62打点、12盗塁、打率.303、112得点、108三振、78四球、0犠打、出塁率.392、長打率.471、得点圏打率.244
【名鑑】(1)1988.4.16生=31歳(2)右左(3)184cm85kg(4)神奈川(5)横浜創学館高-八戸大-西武11[3]=9年(6)23490△(3年契約3年目)(7)11.4.12日本ハム=札幌ドーム(8)首位打者17、最多安打15、17〜19、ベストナイン15、17、18、ゴールデングラブ13、15〜19(9)既婚(10)A


6 源田壮亮(内野手/遊)

2年連続100三振を喫していたが今季は67と激減、打撃に粘りが出た。守備の安定感は相変わらずで史上5人目の新人から3年連続30盗塁も記録。

【2019】135試合、148安打、2本塁打、41打点、30盗塁、打率.274、90得点、67三振、40四球、25犠打、出塁率.324、長打率.350、得点圏打率.297
【名鑑】(1)1993.2.16生=26歳(2)右左(3)179cm75kg(4)大分(5)大分商高-愛知学院大-トヨタ自動車-西武17[3]=3年(6)8000△(7)17.3.31日本ハム=札幌ドーム(8)新人王17、ゴールデングラブ18、19(9)既婚(10)O


5 外崎修汰(内野手/二・三・外)

楽天浅村栄斗がFA移籍して空いた二塁の穴を見事に埋めた。昨季より8本増の26本塁打。勝負どころで“アップルパンチ”が・・・

【名鑑凡例】(1)生年月日=年齢[2019年の満年齢](2)投打(3)身長・体重(4)出身地(5)球歴・入団経路。[]内数字はドラフト指名順位※02年以降の入団選手は巡目、06〜08年は高校生・大学生・社会人それぞれのドラフト巡目、自は自由獲得枠、希は希望入団枠、外はドラフト外での入団。育は育成選手として登録。外国人選手の経歴は入団年及びメジャー出場チーム=プロ[NPB]在籍年数(6)19年推定年俸[単位は万円、昨年比△は増、±は同額、▼は減](7)初出場、初登板年月日、相手=球場(8)主なタイトルと受賞年度。ノンタイトルの場合は思い出のシーンなど(9)既婚。独身者は好きなタレント、理想のタイプ(10)血液型

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング